お腹の張り

お腹の張り 〜浣腸も下剤も効かない慢性の便秘とストレス〜

ストレスが原因でお腹の張りが気になることってないですか?
加えて浣腸も下剤も効かない慢性の便秘で悩んでいませんか?

 

もしそうならストレスが主な原因となる過敏性腸症候群かも?

 

  • 下痢
  • 便秘
  • 腹痛
  • お腹の張り

 

などがダラダラと続きいつまでたっても改善されず繰り返すようなら可能性大です。

 

【過敏性腸症候群】
腸の運動や分泌機能が異常をきたし、

 

  • 慢性的な便秘
  • 慢性的な下痢
  • 痙攣性便秘
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • ガスで下腹が張る
  • 病院で検査しても異常が認められない

 

こうした特徴があります。
主な原因はストレスによる自律神経の乱れです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経とがあって、これらがアップダウンを繰り返しながらバランスを保っています。

 

お腹の張りやお通じにかかわる腸などの消化器官は、自律神経のバランスで良し悪しが決まるといってもいいほど深い関係にあります。

自律神経を整えるために癒しにこだわってみよう

自律神経を整えるために”癒し”にこだわってみるといいですよ。
ストレス解消にもなるからストレスからくるお腹の張りやお通じの悪さも改善されていくはずです。

 

【癒しにこだわる】
食べたものが消化されるのは夜中の副交感神経が高まっている時。

 

つまり眠りにつく前の癒しにこだわることで、寝ている間に副交感神経を高めて腸の動きを活発にしよう!

 

ってこと。
腸の動きがよくなれば目覚めてからスッキリとしたお通じがきます。腸の働きが鈍くなる妊婦さんの便秘にも同じく有効です。

 

【自分にとっての癒しをみつける】

  • ペットと戯れる
  • 好きな音楽を聴く
  • アロマで好きな香りを楽しむ
  • ヒーリング効果のあるCDを聴く
  • 入浴後に軽くストレッチする
  • リラックス効果のあるハーブティを飲む
  • 寝る前にホットミルクを飲んで気持ちを落ち着かせる
  • マッサージ機などで体のコリをほぐす

 

など何でもいいんですよ。
自分が「これ癒される〜」っていうのがあれば、それを寝る前に楽しんでから眠りにつけばいいのです。

乳酸菌を補ってから寝るのも有効

入浴後でもいつでもいいですが、夜寝る前に乳酸を補ってから寝るのも有効です。

 

お腹の張りは悪玉菌が多いことも原因になるから、乳酸菌を補って善玉菌を増やしてあげると張りも解消されていきます。

 

おススメは乳青。

 

  • 日本初となる青汁に植物性乳酸菌を配合したサプリメント
  • おなかの中の善玉菌を増やすのに役立つオリゴ糖配合
  • 悪玉菌や有害物質を減らす働きがある食物繊維配合
  • 植物性乳酸菌がオリゴ糖と食物繊維を腸まで届ける
  • ダイエット中に不足しやすいビタミンなどの栄養もしっかり補える
  • こだわりの原料は国産のものだけ
  • 国内で製造されているため安全性が高い
  • 水に溶けやすく飲みやすい
  • 青汁が苦手な人にもオススメ

 

日本人の腸と相性のいい植物性乳酸菌を青汁に配合!これを夜に飲むことでおなかの調子を整えてくれます。

 

 

お腹の張りに!リアルメイトの”乳青”