お腹の張り 原因

お腹の張りの原因|家でできる楽ちん解消法

慢性の便秘で浣腸も下剤も効果なし。。。
放っておくとお腹は張る一方で苦しい…。
いい加減なんとかしたい!

 

お腹の張りの原因っていろいろあるけど、一番の原因といわれているのはガス

 

【ガスはどうして発生する?】

悪玉菌が増えてるから

下剤も浣腸もダメなくらい慢性の便秘で悩まされている場合、お腹の中で悪玉菌が増殖し、お腹の中にたまった食べ物のカスが腐敗しガスが発生します。これはオナラのニオイの原因にも!!
ガスがたくさん発生するとお腹の張りが気になってきます。

 

 

女性特有の原因で

女性ならでわの原因、それは生理と関係があって、生理の時って卵巣と子宮が大きくなり腸を圧迫。すると圧迫された腸は動きが鈍り、お通じが悪くなりガスが発生します。

 

 

心因性のストレスを受けて

呑気症というもので緊張、不安、プレッシャーなどのストレスを受けると無意識に空気をのみこんでしまうことが原因です。

 

 

ストレス以外にも空気をのみこんでいるから

食事中、お喋り、口呼吸、ガムをよく食べるなどで空気を飲み込む量が人より多いことも原因です。

 

 

ガスを発生させやすい食べ物の摂り過ぎ

食物繊維や糖質を豊富に含む食べ物の中には、ガスを発生させやすい食べ物があります。お通じの改善のため!とそういう食材を食べ過ぎるとお腹の中でガスが発生しお腹が張る原因になってしまうんです。

家でできる楽ちん♪お腹の張り解消法

お腹が張る原因がガスだとわかったら、家でできる楽ちん♪お腹の張り解消法を試してみましょう。

 

 

【お腹を温める】

下腹に触れて「ひやっ」としたら腸が冷えてるってこと!温めて動きをよくしてあげましょう。

 

腹巻をする

最近の腹巻ってオシャレですよ。
敢えて服の裾から見せる腹巻も売られてて、一見するとそれが腹巻だと分からないものです。
ポケット付きでカイロをいれて使えるものもあるので、オシャレを楽しみながらお腹を温めましょう

 

湯船につかる

シャワーだけで終わっちゃダメ。
ちゃんと湯船につかって体全体を中からポカポカと温めてあげましょう。
真夏なら半身浴、腰浴もおススメですよ。

 

シャワーで温める

お腹に時計回りにクルクルとゆっくりシャワーのお湯を当てて温めましょう。

 

 

【外部から腸を刺激する】

入浴後のリラックスタイムにでも、お腹を優しくマッサージして腸に刺激を与えましょう。

 

マッサージ編

時計回りに円を描くようにクルクル。
赤ちゃんによくする「の」の字マッサージってやつです。

 

運動編

ウォーキング⇒1日30分は歩きたいところ
その場足踏み⇒手に水を入れたペットボトルを持って腕を振りながらやるとダイエットにもおススメ
縄跳び⇒下腹に力を入れながらやると腹筋も鍛えられる
椅子に座って上体を捻る⇒腰痛がある人は無理しないで
スクワット⇒妊娠中のお通じトラブルにも有効
ヨガ⇒初心者はYou Tube←をクリックして「ガス抜きのポーズ」で検索

 

その他

うつ伏せに寝るだけで、自分の体重でガスを押しだせることも。
それでダメなら腰をトントンって叩いてみて。立ってても座っててもOK。

 

 

【お腹の調子を整える】

ストレスにせよ呑み込んだ空気にせよ、お腹にたまるガスもお腹の調子を整えれば改善されるので、乳酸菌やビフィズス菌を摂りましょう。

サプリメントを活用しましょう

ストレスを自覚している人も、慢性の便秘で悩む人も、お腹の調子を整えたいならサプリメントを活用しましょう。

 

お腹のスッキリを目指したい人におススメなのは乳青です。

 

これは青汁に食物繊維乳酸菌を配合した顆粒タイプのサプリメントです。

 

  • スティックタイプだから携帯に便利
  • 青汁が苦手な人でも美味しく飲める
  • 夜飲めば朝にはスッキリ
  • 女性誌「anan」で紹介され安心・安全
  • 乳酸菌の栄養源、オリゴ糖も配合
  • 悪玉菌とか有害物質を減らす食物繊維も配合
  • ダイエット中の人にもおススメな栄養
  • 水にも溶けやすい

 

青汁の豊富な栄養と一緒に乳酸菌も補える乳青で、お通じトラブルをスッキリ解消しましょう。